After Effects エフェクト チュートリアル

Tutorial 11 衝撃波:中級編


衝撃波:中級編

 

※音が出ます

 

 



 

2000 x 2000
標準エフェクトのみ
未使用


 

 

初級編はこちら

 

フラクタルノイズのみで作る衝撃波の中級編です。

 

基本的には初級編と同じ考え方で、フラクタルによる衝撃波のパターンと効果の組み合わせを考えていくだけです。

 

まず、2000×2000の黒平面にフラクタルノイズを割り当てます、もし2kサイズが重い場合は1kでも大丈夫です、フラクタルノイズの数値は以下の画像を参考にして下さい(画像クリック)

フラクタルノイズ以外にも以下のエフェクトを適用しています。これらのエフェクトはなにかというと、

 

・Unmult
 黒を抜いてアルファを生成する

 

・CC Glass
 水のような歪みを与えるエフェクトですが、衝撃波の味付けとしても使えます、まずBump Mapをなしにし、その後
 ・softness
 ・Height
 ・Displacement
 以上の数値だけ動かしてそれらしい効果を狙えばOKです。

 

・CC Vector Blur
 Typeによって効果は変わりますが、白を絞りシャープに尖った感じにするエフェクトです。炎や衝撃波などにも使える優秀なエフェクトです。
 ・Amount
 この数値だけを調整すれば割とそれっぽくなります。

 

・トーンカーブ
 アルファを引っ張って明るくしています。

 

キーやマスクの位置は以下の画像参考にして下さい。

 

0fで開始
8fで数値を一番高く強く
60fで消えて行くように

 

基本の流れは初級編と一緒です。この衝撃波は一番内側にする予定なので、マスクは余り下まで動かしません。

 

Tutorial 11 衝撃波:中級編
Tutorial 11 衝撃波:中級編
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

全てのエフェクトを調整すると、以下のようなアニメーションが完成します。

 

 

 

 

このエフェクトを基準にあとは

 

・マスクの位置
・フラクタルノイズ
・CC glass
・CC Vector Blur

 

これらのエフェクトを調整して複製していくだけです。

 

色々パラメーターを調整し、STEP1で作ったのも合わせて5つ作りました。
コツとしては、できるだけランダム性をもたせ、色んな表情を見せることです。あまり重ねすぎると白くなりすぎ潰れてしまいがちなので、その点にだけは気をつけましょう。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

全てを表示した結果がこちら
色々な表情がでていい感じになりました。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

 

 

次に衝撃波を円形にするために、極座標を与えます。これは初級編と一緒です。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

ですが、そのまま円形にするとエフェクト円の上半分に切れ目があるのが確認できるでしょうか
これは極座標にするエフェクトが、タイリングなされていない為に起こってしまう現象です。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

これを解決する為には、もう1枚調整レイヤーを作り、オフセットを適用します。
オフセットのX軸を2000にし、切れ目の部分を中央に持ってきます、そして切れ目に対してマスクを切り、減算にした後、マスクの境界のぼかしを増やします。
こうすることによって、切れ目が無くなり、タイリングされた衝撃波になりました。

 

Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

この切れ目のない衝撃波に極座標を当てることで、綺麗な衝撃波が出来ました。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

 

 

衝撃波に色をつけていきましょう。いつもならトライトーンやShineで色づけしたい所ですが、中心からグラデーションをかけたように今回はつけていきましょう。

 

衝撃波をつけたレイヤーを一度プリコンポーズしましょう。

 

新規コンポに、衝撃波と黒平面を作ります、黒平面にはカラーカーブと極座標を割り当て、円形のグラデーションを作ります。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

このグラデーションで、衝撃波をルミナンスキーで抜きます。これで綺麗なグラデーションがかった衝撃波ができます。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

このままだと少しハイライトが弱いので、ハイライト部分を作ろうと思います。

 

衝撃波をコピーし、レベルとラフエッジを適用します。
レベルでアルファを絞り、ラフエッジでハイライトのランダム性を作ります、オーバーレイは中間地点のミッドライト、加算はハイライト部分を作るように意識して作ってみました。

 

Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

いい感じに綺麗になりました。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

 

 

最後にブラーをかけて発光感を出します、ブラーをかけて衝撃波を重ねていきます、ブラーで重ねて行くうちにハイライトが少し弱くなったので、最後に色を付ける前の衝撃波を1枚持ってきて、トーンカーブでハイライトをもう少しだけ足して終了とします。
Tutorial 11 衝撃波:中級編

 

トップに戻る


トップページ エフェクト トリック プラグイン 素材集