After Effects エフェクト チュートリアル

Tutorial 01 衝撃波:初級編


衝撃波:初級編

 

 

 



 

1200 x 1200
標準のみ
未使用


 

 

コンポジションにブラック平面を1枚配置して、フラクタルノイズを割り当て、
デュレーションは30fにしておきます。

 

 

 

 

フラクタルの数値を、縦長のライン状になるように調整します。

 

 

 

 

平面に対して細長いマスクを切り、上から下に行くように移動させます。
そして、段々消えていくようにフラクタルノイズの明るさを下げ、
マスクの境界のぼかしも調整します。

 

 

 

 

調整レイヤーをブラック平面の上に1つ作り、「極座標」を割り当てたあと、
以下のようにパラメーターを調整し、放射状に動くように調整します。

 

Tutorial 01 衝撃波:初級編

 

 

 

広がる速度に緩急が無いので、マスクの移動速度を調整します。
ブラック平面のマスクパスのキーを選択しながら、右クリック、「イージーイーズイン」にします。

 

Tutorial 01 衝撃波:初級編

 

黄丸のボタンをクリックし、グラフエディタの画面に切り替えたら、速度グラフの調整をします。
もしこの画面にならない場合は、マスクパスを選択しながら右クリックで速度グラフにします。

 

速度グラフにしても、まっすぐの線の場合はグラフのメモリに対して画面が引いている場合があります。その場合は
グラフ内でCtrlを押しながら、中ドラッグのホイールを回してスケールを変えてください。

 

Tutorial 01 衝撃波:初級編

 

マスクパスの速度グラフを以下のように調整しました。
速度感は各々の好みで調整します。

 

Tutorial 01 衝撃波:初級編

 

 

 

上記で動かしたフラクタルノイズを一度プリコンポーズし、以下のように色味の調整したら、
今回は初級編としてここで完成とします。

 

Tutorial 01 衝撃波:初級編

 

トップに戻る


トップページ エフェクト トリック プラグイン 素材集