After Effects エフェクト チュートリアル

Trick 07 極座標による切れ目を消す方法


極座標による切れ目を消す方法

 

 

 



 

1000 x 1000
標準エフェクトのみ
未使用


 

 

よく極座標でフラクタルノイズや、素材を円形に曲げると、切れ目が出てしまう事がありますよね。

 

Trick 07 極座標による切れ目を消す方法

 

そこで極座標を割り当てる前に、もう1枚調整レイヤーを挟んでオフセットを割り当てます。

 

割り当てたオフセットのX軸に、元から入っている数値を倍にします。(今回は1000×1000のコンポジションなので、500→1000にします)

 

調整レイヤーに、中央の切れ目の部分を囲うようにして、縦長で長方形のマスクを切ります。切ったマスクを減算にし、マスクの境界のぼかしを100-300pix程度ぼかしてあげます。こうしてあげることによって、タイリングされたフラクタルノイズが完成します。
Trick 07 極座標による切れ目を消す方法

 

オフセットをうまくかけられたら、もう一度極座標をかけてあげましょう。一応この時レイヤーの順番に注意です。極座標をブラック平面そのものにかけてしまっては失敗してしまいます。
Trick 07 極座標による切れ目を消す方法

 

トップに戻る


トップページ エフェクト トリック プラグイン 素材集